手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

自宅の庭に散骨、埋蔵はできません。

お骨の粉骨パウダー加工のご依頼があり、施工いたしました。
5寸サイズの骨壷(径15センチ、全高17センチ)には押さえつけて納骨したようで、欠片が多く収まっていました。
パウダーにした全骨量は約500グラムほどでした。
暫くはご自分で用意されていたお洒落な容器に納めて安置するようです。
 
落ち着いたら、ご主人が好きだった庭に散骨と木の下に埋めたいと言っていましたが、
これは法律に抵触しますので、絶対行ってはいけない行為です。
ご自分の庭に散骨すれば,風雨で飛ばされ流されてご近所から苦情が出る可能性が大です。
法律、モラル、マナーを守るようにと説明して,納得していただきました。
 
1948・7.13 墓地・埋葬等に関する法律施行規則により、お骨は墓地、納骨堂以外に
埋蔵、埋葬することは法律に抵触します。
 
 
 
2020.08.02

ご遺骨をパウダー加工した球体オブジェ。

ご遺骨を粉骨パウダー加工した球体のオブジェのご注文を承りました。
関西の拾骨文化で多い5寸サイズ(径15センチ、全高17センチ)と本骨の骨壷3寸サイズ(径9センチ、全高11センチ)です。
ご遺骨の量は合わせて550㌘程でしたので、全骨をパウダー加工してクリアな径10㌢の球体に納める、エターナルパウダーを作成いたしました。
後日パウダーを取り出して散骨したり、アクセサリーに生まれ変わることもできます。
 
人は亡くなれば火葬され、お墓に埋蔵されるのが一連の流れのようでしたが、長寿化、高齢化、少子化、家族間の希薄化により、私たちの遺骨に対する意識に大きな変化が起こってきています。
大切な人だからこそ、供養の折り合いをつけて手元供養の選択をされている人が多くなったと感じてます。
 
画像はサンプルです。
 
2020.07.21

お骨と写真を入れるペンダント

ご遺骨と写真を納めるお洒落なメモリアルロケットペンダントが完成しました。
涙のフォルム、「ティアス」素材はシルバー925。
プレートに少しのご遺骨をパウダー状にして透明の樹脂で封入しています。
表にはピンクのチューリップを施しました。
純チタン製チェーン60センチを使用しています。
プレートはバチカンに溶接されていますので、外れることはございません。
 
故人様と毎日,行動を供にすることができますので、お守りとして悲嘆回復のお手伝いができます。
画像はサンプルです。
 
 
2020.07.16

遺骨指輪

お骨を納めた指輪が完成いたしました。
材質はシルバー925で、リングの中央にダイヤモンド1石、星留で入れています。
シルバー素材は空気中の硫黄分に反応して変色しますが、シルバー用クロスで優しく
磨けば輝きが再び戻ります。
磨いて綺麗にすることは故人への供養にも繋がると思っています。
故人を愛するからこその手元供養、お骨は死んだ人からの最後の送りもの、大切に供養していただきたいと思っています。
 
2020.07.05

家族の手で海に還したい。

神奈川県から散骨のための粉骨パウダー加工のご依頼がありました。
大阪まで連れて行き粉骨の立会いをご希望されていましたが、新型コロナウイルの影響で移動を断念されました。
故人たっての希望で全骨すべてを、横須賀の海に散骨してもらいたいとの願いを叶えてあげたいし、釣り好きの主人には、いい供養になるのではとのことでした。
粉骨したご遺骨は自分たちの手で水溶製紙袋に納めるので、袋をお渡ししました。
梅雨明けに海洋散骨をされる予定です。

天王寺ほうじょうの粉骨パウダー加工はポットにセラミックス球を入れ電動モーターで、
ポットを緩やかに回転させて粉骨いたします。
最初の5分間でもお立会い頂けましたら幸いです。
 
2020.06.22