天王寺ほうじょうは国内初の展示型店舗として、2021年1月に15年目を迎えました。お墓やお仏壇の有無に拘わらず、多くのお客様にご支持いただきご相談を承って参りました。手元供養は大切な故人からの最後の贈物であるご遺骨を身近に置いて供養するという最近のライフスタイルにマッチした供養方法です。手元供養は悲嘆(グリーフ)回復のお手伝いができます。 | ブログ

 

マネージャーブログ

ご遺骨を練り込んだ信楽焼 花暦ブレスレット

ご遺骨を陶土に練り込んだ信楽焼ブレスレットのご紹介です。
花暦ブレスレット【吾亦紅】Lサイズ(径10ミリ珠)、【花カンナ】Sサイズ(8ミリ珠)が完成いたしました。
母上様のご遺骨を少し分骨してもらい、身に着けて故人を想いいつも行動を供にしたいと願うご子息、お嬢様からのご注文でした。
コロナ禍での入院中は面会禁止であり、危篤状態でも最期の看取りは叶わず、はっきりとした死別観もなく、ただ夢の中での実感のない現実の出来事のような気がしたとのことでした。
さようならのない死別は、悲嘆をより一層深く悲しく辛いものにしてしまいます。
花暦ブレスレットを身に着けて前を向いて進んでいただきたいと思います。
 
2022.06.21

庵治石のお地蔵さん

庵治石のお地蔵さん【笑くぼ・えくぼ】が完成しました。
ご家族で分骨するとのことで、4体白色のご注文でした。
国産の高級石材庵治石を採掘している会社の工房で制作しているハンドメイド作品です。
お地蔵さんの内部にご遺骨を納骨する仕様です。色目は白色と赤色です。
サイズ(約)
  全高 10センチ
  全幅 8センチ
  重さ 1キロ
  台座 石材 径 9センチ 厚さ1センチ
2022.05.26

ジェムグラスペンダント

ご注文の吹きガラスペンダントが完成しました。
クリアなドーム型ガラスに瑠璃色と金箔を入れて上層にパウダー化したご遺骨を流すように散りばめました。(ご遺骨は僅かな量でパウダーにしたら耳かきで例えますと約2杯分ほどです。)
枠はオリーブカラーでチエーンを通すバチカンがあります。
日頃、装身していてもパウダーのお骨が納められているとは思えないような仕上がりです。

サイズ(約)  横幅 42ミリ
        全高 47ミリ
        厚さ 20ミリ
        重さ 35グラム
附属品     50センチ又は60センチ ステンレスチェーン
        携帯用ポーチ

ジェムグラスペンダント
       ご家族にとってご遺骨は故人が遺した最後の贈物、宝物と思っています。
       ジェムは宝石、そんな想いからネーミングいたしました。 
2022.05.20

愛犬のお骨と遺毛を納めた納骨指輪

ご遺骨をリング背面に納める遺骨リングをご希望される方が多くいらっしゃいます。
リングを外せば内面にパウダー状、砂状、欠片などがクリアな樹脂を透して視認できますので、高評価を頂いています。
画像は愛犬の遺骨リングですが、お骨は少し粗目の粒状にして遺毛があったので目立つように横方向に納めました。
ペットちゃんは家族の一員ですので、弊社では人間と同じ扱いで対応しております。
画像はpt900とk18ピンクゴールドです。
リングの背面周囲には没年月日とネームを刻印しています。
2022.05.18

ご遺骨をグラス球体に納めたエターナルパウダー

不純物を取り除いた焼骨をパウダー加工してグラス球体に納めたオブジェです。
今回のお客様は直径12センチ球体に、より多く納めたいとのご希望で標準900グラムのところを1,100グラム弱納めました。エターナルパウダーには5種類の球体サイズがありますので、30グラムサイズから900グラムサイズまで大きさを選んでいただけます。

お骨のお話
お骨の主成分は主にリン酸カルシュウムとタンパク質コラーゲンから形成されています。
お骨の量は男性、女性ともに概ね体重の約15%程と言われています。
例えば体重70キロの男性の骨量は約10.5キロ、50キロの女性では約7.5キロとなります。
また、火葬して焼骨になりますと体重の約3.5%となりますので、男性の焼骨量は約2.7キロ、女性では約1.8キロの焼骨が残ることになります。
弊社では長年、粉骨パウダー加工のご依頼を賜っていますが、概ね焼骨の量の数値は合っていると思います。
一概には言えませんが、火葬後の収骨で地域文化の特徴があり、関東以北では全骨収集、関西以西は部分拾骨文化がありますので、骨壷の大きさも4寸~8寸と異なっています。
部分拾骨の斎場では残されたご遺骨は斎場でお祀りをしているようです。
最近では大阪のお骨佛で有名な一心寺さんでは3寸以下の骨壷以外は納骨ができなくなりました。
2022.05.16