手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

加工型モーニングジュエリー・ロケットペンダント

モーニング(mourning)は悲嘆、追悼、喪に服する、という英語です。
朝を意味するmorning(モーニング)とは違います。
モーニングジュエリーが流行したのは19世紀の半ばで、イギリスのビクトリア女王が黒いジェットを喪に服すために身に着けたとされています。
モーニングジュエリーは故人を衷心より愛し、感情や想いを表現し、これからを生きる糧として身に着ける装飾品です。
 
ロケットペンダントは2枚貝のように蝶番を介して左右に開閉する仕様で、内部には写真やピルを入れるようになっています。
最近では板状の貴金属素材をプレス機械で成型加工するのが主流のようです。
 
天王寺ほうじょうでは、メモリアルロケットペンダントを現代風にアレンジして、モーニングジュエリーとしてご紹介しています。
貴金属素材はシルバー925,18金イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、プラチナ900がございます。
各パーツは鋳造で作成されていて重厚感のある仕上げになっています。
内部にはお写真と少量のご遺骨を埋封したプレートを一緒に納めることができます。
埋封プレートの表面には樹脂でハート,チューリップ、スズラン、クローバーなどが
施されます。
裏面にはご遺骨を納めますが、ご遺骨の状態を粗目、少し粗目、パウダー状と選択していただけます。
大事なご遺骨を納めたプレートですので、ロケットのバチカンに溶接していますので、
失うことはありません。
また、チェーンは50センチ又は60センチの純チタン製をお付けしています。
 
大切な人のご遺骨とお写真を一緒に納めて偲ぶモーニングジュエリーです。
 
 
2020.10.19

お骨佛の一心寺さんより 再通知

一心寺のお骨佛は明治20年に最初の1体が造立されて以来、10年毎に1体が開眼されてきました。
明治20年のお骨佛はそれまでに納められていた約5万霊の分骨を粉末化したうえ、凝縮して造立されました。
しかし、昨今の納骨件数の増加と胴骨の急増、さらに遠隔墓地の墓終いなどによる大量、多数のご遺骨にどう対処すればよいのか?
これは一心寺目下の重大問題であり、方針を曖昧にしたままでは済まされない急務であります。
 
そこで誠に心苦しい限りではありますが、令和3年(2021年)1月1日以降には、下記の条件を付加させていただきます。
一心寺の「納骨とお骨佛造立」を継続せしめるため不可避の決定でありますので、
何卒よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。
                          坂松山一心寺
 

         記
令和3年(2021年)1月1日より
 
  1. 納骨できる骨壷は小骨壷のみです。
 直径9センチ以下、蓋を含めた高さセンチ以下です。
 小骨壷で霊につき壷のみとします。
 
  1. 骨壺の大きさに関らず、改葬による納骨は一切お受けできません。
 墓終い、墓出し、各種納骨施設からの移転による納骨はお受けできません。
 従って改葬受け入れ証明書は発行できません。
 
  1. 上記以外の大きさの骨壷、並びに改葬納骨については各宗本山、菩提寺、
 各霊園にご相談ください。
 
 
ご納骨の「受け入れ制限」記事より抜粋
 
 
2020.10.13

加工型手元供養品・納骨吹きガラスオブジェ

納骨吹きガラスオブジェは、パウダーにしたご遺骨を球体に封入する手元供養品です。
大切なご家族のご遺骨が綺麗な花のようになって生まれ変わります。
ガラスの温度やお骨を入れるタイミング、吹き込む空気の加減でお骨の花の咲き方が微妙に変化します。
ふたつと同じ作品は生まれることのない唯一無二、オンリーワンの手元供養品です。
 
ガラスオブジェのサイズは6種類、直径が50㍉、70㍉、85㍉、100㍉、重さは170㌘~1300㌘程です。
ハンドメイド作品ですので、アバウトな仕様となりますことご理解ください。

「天王寺ほうじょう」ではペットちゃん、ワンコ ニャンコは大事な愛する家族の構成員と考えています。
多数の方がペットちゃんの納骨吹きガラスオブジェをお作りになっています。
 
2020.10.11

加工型手元供養品・メモリアルダイヤモンド

天然のダイヤモンドは地中奥深くで高温高圧の下で、数億年から数十億年の時を経て誕生します。ロシヤ、カナダ、アフリカが産地として有名です。
 
メモリアルダイヤモンドは人工的に作成する合成ダイヤモンドですが、硬度や輝きは天然ダイヤモンドと同じです。
メモリアルダイヤモンドは故人のご遺骨からダイヤモンドを制作するため、単に技術的な問題だけではなく倫理的、道義的な責任を伴うことになりますので、工程は一部を除きオープンのようです。
火葬後もご遺骨には炭素が残りますが、その炭素を抽出し人工的に高温,高圧縮をかけ、時間を費やして綺麗なメモリアルダイヤモンドに生まれ変わります。
ご遺骨の量は400㌘以上必要となりますが、それ以下の量でも製作は可能です。
ご遺髪には炭素が多いので10㌘程で製作ができます。
 
当店舗はアルゴダンザのメモリアルダイヤモンドの取扱店です。
現在まで0.2カラット、0.3, 0.5 1.0㌌、スタイラスダイヤモンドをお作り頂きましたが、お客様には深みのある綺麗なブルーになって帰ってきたと喜んでいただいています。
お値段は高価ですが、究極の加工型の手元供養品でしょうか。
 
 
2020.10.07

加工型手元供養品・エターナルプレート

エターナルプレートをお作りするにあたり、お預かりするご遺骨の量は最大400㌘~500㌘程です。
ご遺骨が少量でもお作りすることができます。
 
故人の焼骨を約70%含む綺麗なファインセラミックスプレートは衛生的で強度、耐久性に優れ、温かみのある質感に仕上がります。
エターナルプレートは故人を偲び、供養する自宅のお墓と考えられます。
白い味気のない骨壷から解放され、ご遺骨のイメージがない、シンプルですっきりしたカタチに生まれ変わりますので、ご自宅のどこに安置しても違和感がありません。
専用の桐箱に納めた状態で立てかけて飾ることができます。

サイズ レギュラープレート 
 全長 約85㍉ 全高 40㍉ 厚さ 12㍉
スモールサイズプレート  
 全長 約70㍉ 全高 30㍉ 厚さ  10㍉

カラー 
 ホワイト アイボリー ブラウン ブルー グリーンからお選びいただけます。
基本彫刻 お名前 年号 お写真はレーザー加工による彫刻です。
 
2020.10.06