天王寺ほうじょうは国内初の展示型店舗として、2021年1月に15年目を迎えました。お墓やお仏壇の有無に拘わらず、多くのお客様にご支持いただきご相談を承って参りました。手元供養は大切な故人からの最後の贈物であるご遺骨を身近に置いて供養するという最近のライフスタイルにマッチした供養方法です。手元供養は悲嘆(グリーフ)回復のお手伝いができます。 | ブログ

 

マネージャーブログ

ご遺骨を練り込んだ信楽焼 花暦ブレスレット

ご遺骨を陶土に練り込んだ信楽焼ブレスレットのご紹介です。
花暦ブレスレット【吾亦紅】Lサイズ(径10ミリ珠)、【花カンナ】Sサイズ(8ミリ珠)が完成いたしました。
母上様のご遺骨を少し分骨してもらい、身に着けて故人を想いいつも行動を供にしたいと願うご子息、お嬢様からのご注文でした。
コロナ禍での入院中は面会禁止であり、危篤状態でも最期の看取りは叶わず、はっきりとした死別観もなく、ただ夢の中での実感のない現実の出来事のような気がしたとのことでした。
さようならのない死別は、悲嘆をより一層深く悲しく辛いものにしてしまいます。
花暦ブレスレットを身に着けて前を向いて進んでいただきたいと思います。
 
2022.06.21

その他のブログ記事へ