手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

お骨の行先 散骨

散骨は火葬後の焼骨を粉骨パウダー状に加工して海や山に撒く自然葬です。死後、自然に還りたいと願う自然回帰志向の人に人気があります。
散骨された日本の有名人
いずみ たく  作曲家
横山 やすし  漫才家
勝 新太郎   俳優
  hide             松木秀人 x-japan
飯島 夏樹   プロウインドサーファー
その他 国内外多数の方が散骨されています。
日本では遺体の埋葬や遺骨、焼骨の埋蔵について1948年施行の【墓地埋葬等に関する法律」で墓地として都道府県知事より許可を得ていない場所には埋葬、埋蔵は禁じられています。
墓地でもない海や山に散骨することは刑法190条【遺骨遺棄罪】に抵触すると問題視されていましたが、1991年「葬送をすすめる会」が神奈川県の三浦半島沖相模灘ではじめて散骨を施行しています。当時の厚生省は「墓埋法は元来、土葬を対象にしていて、焼骨を海や山に撒く葬法は想定しておらず、自然葬を禁じた規定ではない」と見解を示しました。
「墓地埋葬法」は土葬による伝染病防止の公衆衛生上の必要性からできた法律で火葬率が概ね
 100%の現在では問題なかったようです。
また、法務省の見解も「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り、遺棄罪にはあたらない」と述べています。
 
【ご家族、個人での散骨・ルールとマナー】
・ご遺骨は必ず粉末(パウダー状)に加工しましょう
・海での散骨では海水浴場の近く、漁場、養殖場、釣り場付近は避けましょう
・散骨する地域では喪服ではなくカジュアルな服装にしましょう
・海では陸上で感じない風が吹く場合がありますので、ご遺骨が風で飛ばないように水溶性紙袋に納めて散骨しましょう。
・海にお花を流す時は花の茎を取り除き花びらを撒くにとどめましょう
・散骨は故人を自然に還すことが目的です。副葬品を流すことはやめましょう
・山での散骨は民家付近や他人の山、土地には散骨はできません。私有地に散骨する場合は所有者の許可が必ず必要です。
・山の散骨では飲料水の取り口付近での散骨は避けましょう
・散骨するにあたり、死生観、宗教観の違いを考慮し、親族縁者の同意を得ることが大事です
*散骨する人は地域の商店や住民への風評や自然環境を十分考慮し、すべて自己責任に於いて施行することに留意しましょう
【海洋散骨について】
国内の海洋散骨会社は70~80社と云われていますが、サービス内容はほとんど同じです。
各社ともチャーター(貸切)散骨、合同(複数家族乗船)散骨、委託(乗船なしのお任せ)散骨の3種類があります。ご希望の散骨場所があれば一部の海外も含めて相談できます。
海洋散骨の施工にあたり法律や規制、特別な届出は必要ありませんが火葬許可証(埋葬許可証)が必要です。親族の同意書を求める場合もあります。
料金、サービス内容については業者や散骨地域により異なります。
(海洋散骨に含まれるもの)
 ・ご遺骨の粉骨パウダー加工
 ・船舶代金
 ・献花(花弁のみ)
 ・献酒(ビール、酒、ワイン、ジュース)
 ・BGM 音楽
 ・写真撮影
 (散骨後に送られてくるもの)
 ・写真(散骨風景)
 ・大海原の墓標となる散骨証明書(緯度 経度を示したもの)
*散骨は葬送祭祀のひとつとして節度をもって行われる限り違法ではありません。
 散骨をすることにより大切な人を最後まで見届けたという満足感がもて、残された人はこれを
 区切りに自分を鼓舞し、これからを力強く生きようとする勇気が湧いてくるといいます。
 
2018.10.23

その他のブログ記事へ