手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

墓終いのお手伝いしました。

九州の方の墓終いのお手伝いをしました。お墓が山の上にあること、お墓の管理ができないこと,身内が近くにいないことなどがあり苦渋の決断のようでした。
お寺さんとの離檀交渉も円満に解決して、後日ご遺骨の回収も無事に終わったとの事でした。
お墓への埋蔵は地域で異なりますが、ここではご遺骨のみを埋蔵する文化でした。
お墓に10年以上収められていましたので、湿気があり、小石、砂で大分汚れていましたが、
洗浄と強制乾燥で綺麗になりました。
墓終いの先には改葬がありますが、新たな選択・納骨はせずに粉骨パウダー加工して嵩を少なくして、自宅安置する手元供養を選ばれました。
近い将来、散骨やお墓、永代供養、樹木葬へと心が揺れ動くこともあると思いますが、粉骨
パウダー加工することでどのような対応もできると思います。

 
2019.07.09

その他のブログ記事へ