手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

ご遺骨をパウダー加工した球体オブジェ。

ご遺骨を粉骨パウダー加工した球体のオブジェのご注文を承りました。
関西の拾骨文化で多い5寸サイズ(径15センチ、全高17センチ)と本骨の骨壷3寸サイズ(径9センチ、全高11センチ)です。
ご遺骨の量は合わせて550㌘程でしたので、全骨をパウダー加工してクリアな径10㌢の球体に納める、エターナルパウダーを作成いたしました。
後日パウダーを取り出して散骨したり、アクセサリーに生まれ変わることもできます。
 
人は亡くなれば火葬され、お墓に埋蔵されるのが一連の流れのようでしたが、長寿化、高齢化、少子化、家族間の希薄化により、私たちの遺骨に対する意識に大きな変化が起こってきています。
大切な人だからこそ、供養の折り合いをつけて手元供養の選択をされている人が多くなったと感じてます。
 
画像はサンプルです。
 
2020.07.21

その他のブログ記事へ