手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

お骨佛の一心寺さんより 再通知

一心寺のお骨佛は明治20年に最初の1体が造立されて以来、10年毎に1体が開眼されてきました。
明治20年のお骨佛はそれまでに納められていた約5万霊の分骨を粉末化したうえ、凝縮して造立されました。
しかし、昨今の納骨件数の増加と胴骨の急増、さらに遠隔墓地の墓終いなどによる大量、多数のご遺骨にどう対処すればよいのか?
これは一心寺目下の重大問題であり、方針を曖昧にしたままでは済まされない急務であります。
 
そこで誠に心苦しい限りではありますが、令和3年(2021年)1月1日以降には、下記の条件を付加させていただきます。
一心寺の「納骨とお骨佛造立」を継続せしめるため不可避の決定でありますので、
何卒よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。
                          坂松山一心寺
 

         記
令和3年(2021年)1月1日より
 
  1. 納骨できる骨壷は小骨壷のみです。
 直径9センチ以下、蓋を含めた高さセンチ以下です。
 小骨壷で霊につき壷のみとします。
 
  1. 骨壺の大きさに関らず、改葬による納骨は一切お受けできません。
 墓終い、墓出し、各種納骨施設からの移転による納骨はお受けできません。
 従って改葬受け入れ証明書は発行できません。
 
  1. 上記以外の大きさの骨壷、並びに改葬納骨については各宗本山、菩提寺、
 各霊園にご相談ください。
 
 
ご納骨の「受け入れ制限」記事より抜粋
 
 
2020.10.13

その他のブログ記事へ