手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

加工型手元供養品・遺骨を納めるリング

ご遺骨を納めた遺骨リングは供養とファッションを兼ね揃えたアクセサリーとして身に着けることができる手元供養品です。
リングの内側に少量のご遺骨をセラミックス系の樹脂で封入しますので、水仕事やお風呂、プールでも脱着することなく日常使いが可能です。
 
最愛の人を亡くした悲しみは計り知れないものがあり、その悲嘆を癒しきれず、辛い思いを抱えたまま長年過ごす方も珍しくありません。
手元供養のカタチは、アクセサリーなど携行できるものからオブジェなど自宅に置いておくものと多彩です。
遠いお墓よりは身近に感じ、身代わりとなって寂しさを癒してくれます。
手元供養は遺品だけでなく、遺骨そのものが故人に代わるものであり、大事な人をいつも身近に感じていたいと願う遺族の思いを叶えるツールです。
そして、それがもたらす癒しはグリーフケア、グリーフワークのプロセスで大きな役割を果たしていると実感しています。
お墓やお仏壇を持たない家族も増えていますので、手元供養の重要性はこれからも更に
増してくるでしょう。
本来のお墓の役割は「遺された人の心の拠り所であり、故人の生きた証であり、そして故人の遺骨の安置場所」でした。
手元供養はこのすべての意味を満足させていると思います。
 
 
 
 
2020.11.12

その他のブログ記事へ