手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | METAL素材

素材
 
【ピンクゴールド K18PG】ゴールドは純度が高すぎると宝飾品として加工するための硬度が足りず、補強するために他の金属(割金)を混ぜます。金の色や硬度は混ぜる割金の比率によって変わります。ピンクゴールドは、K18(75%)に銅(Cu)と少量の銀とパラジウムが加えて作られています。
【イエローゴールド K18YG】ゴールドは古くから知られ、その輝きと希少性、耐久性から重用されて来ました。金の純度はK24を純金としカラット(K)で表されます。金は一部の化学物質をのぞいて変化しない最も安定した金属のひとつであり、また展延性に富み1gの金で厚さ0.1μm・面積5,000cm2まで伸ばすことが出来ます。金の色や硬度は混ぜる割金の比率によって変わり、主にイエロー、ピンク、ホワイト、ブラック、グリーンなどが知られています。イエローゴールドは、金本来の色を損なわないように。K18(75%)金に銀(Ag)と銅(Cu)を等分に加えて作られています。
【ホワイトゴールド K18WG】ゴールドにパラジウムを加えることで出来る貴金属で、パラジウムが希少なためWGもやや高価になります。一般にK18、K14WGが流通しており、パラジウムを加えないと白くならないため100%のWGはありません。またプラチナにくらべ薄い黄色に見えるため、ほとんどのWGには白く見せるためにロジウムメッキが施されています。メッキは美しさに加え表面の強度を増すというメリットがありますが、特にリングの場合キズが増えるとメッキが剥がれて地金の色が出てきてしまいます。WGに関しては一般のメッキが施されたものと比べイメージが異なる場合がありますので色の違いをご確認ください。最近ではメッキを施さないホワイトゴールドを特にナチュラルホワイトゴールドとも呼び、地金の美しさが人気を集めています。
【プラチナ Pt900】いつまでも錆びることなく変わらず輝き続ける永遠の愛の象徴として、婚約リングやマリッジリングに使われます。政府の品位検定によりPt850(純度85%)以上が必要とされ、18金より高純度で割金(主にパラジウム)も少なく、アレルギーも起こしにくくなります。プラチナの産出量は金の1/20の年間約150トン前後、2つの結婚指輪を作るには2トンの原鉱石が必要です。プラチナは日常の簡単なお手入れだけで、その美しさを永遠に保ちます。色は銀やWGに似ていますが少し黒味があります。比重はとても重く、熱にも強く火事などでも溶けにくい金属ですが、加工には手間がかかります。
【ロジウムメッキ rhodium plated】ロジウムとは貴金属の一つで白色、プラチナに勝る耐久性は持ち、価格も非常に高価です。しかしその硬度のため加工に向かず、メッキにしか使用されません。主にシルバーの酸化防止、ホワイトゴールドの色調整(更に白く見せる)や、プラチナのつや出しなどのために広く用いられています。しかし、メッキ処理はどの金属でもプラチナと同じようにキラキラとした感じになりますので、金属本来の色味を求める方にはお勧めできません。使用環境により異なりますが、手入れ不要で通常2・3年以上はキレイなままでご利用できますが、欠損や剥落により地金が出てしまいますとお手入れしていただいても元の色には戻りません。
【シルバー silver925】銀は金についで古くからジュエリーやアクセサリーに用いられている金属です。銀の純度はプラチナと同じく1000分率で表示され、絆屋では硬度・品質のバランスがとれている925を用いています。シルバーの価値は銀は熱や電気の伝導性などにすぐれるだけでなく産業界の分野でも幅広く利用されています。銀は大気中の硫黄により硫化し黒くなってしまいます。しかしクリーナーや磨きクロスなどお手入れをしていただくことで元の輝きに戻す事ができます。また黒い色が好まれ、アンティークやメンズジュエリーとしてシルバーの一つの魅力ともなっています。磨きたては金属の中でも最も白くデリケートな素材と言えます。